クラウド録画サービスを勧める理由!

自宅やオフィス、建物などに防犯カメラを設置しようと場合、通常では、下記のような構成になります。

kousei.png

監視カメラを設置するにあたり、対象を映す監視カメラとそれを録画保存するレコーダーがセットで必要となります。


ただ、この映像を保存するレコーダーはほとんどの機器メーカーでは、
カメラが4台接続できる4チャンネル録画(レコード)や8台まで接続できる8チャンネル録画(レコード)
16台まで接続できる16チャンネル録画(レコード)など4の倍数のレコーダーが販売されております。

なので、カメラ設置が少ない場所などでも録画機能を持つレコーダーを購入しなければなりません。

※(例えばカメラが1台だけ設置してほしいといったところでも最低でも4チャンネルのレコーダーが必要となり、カメラの増設をする際にはレコーダーのチャンネル数にあった接続台数分のレコーダーが必要になります。)


それは、1チャンネル用、2チャンネル用といった録画機器(レコーダー)がないからです。

この録画機器(レコーダー)が高いため1台設置でもトータルでは結構な費用がかかるのです。

そこで生まれたのがクラウド録画サービスというものです。

それはどのようなものかと言いますと対象を映しているカメラの映像を遠く離れたデータセンター(インターネット上にあるデータを保管する場所)にデータを保存するというものです。
このサービスは1台単位で契約できるため、初期に係る費用が抑えられるといったメリットがあります。

ただし、インターネット回線を通して離れたデータセンターに保存しますので月額の使用料金が発生いたします。

しかし、よく考えてください。

せっかく防犯カメラ録画機器を設置したのに、その映像がちゃんと保存されていなかったらどうしますか?
カメラの映像を録画する録画機器は、昔でいうビデオレコーダーのようなものです。
テープに常時映像を録画し上書きを繰り返していきますのでそのテープが消耗するとテープは交換が必要ですよね!

これと同じようにデジタル録画機もハードディスクという映像を保存するディスクがあり、それも同様に常時映像を上書き保存の繰り返しを行っている消耗し、壊れてしまいます。

そうなるとディスクの交換が必要です。

なので防犯カメラ機器を設置しただけではダメで、定期的にかつ適切にメンテナンスを行わなければなりません。

それを考えると録画機器のメンテナンスやその映像を保存しているディスク(消耗品)の交換などに維持費がかかります。

これらを解決すべく、離れた遠隔地の安全なデータ保管するところにあれば、録画機器が壊れるということもなく、またハードディスクの交換も必要なくさらにちゃんと動作している保証もあります。

お客さま先に設置した録画機でその映像や状態を見る環境がない場合、故障して録画が停止していてもわからないといったことになるかもしれません。


これは以前にあったことですが、防犯カメラをとある集合住宅に設置を行い
あるときオーナー様がアパートの階段下でたばこの小火があり、そこに設置したカメラの映像が見たいと言われました。
弊社のスタッフが現地へ行って設置されている録画機をチェックしたのですが、その録画機器は止まっておりました。(正確には電源が切れたままになっておりONになっておりませんでした。)
それでその録画機の電源を入れなおすとなんと2年前の映像しか残っておらず、その録画機器が2年前に停止してそれ以降電源が入っていないためなんにも録画されていなかったということがありました。

しかしながらその2年前の日というのは、大きな台風が沖縄を直撃し大規模な停電が発生した日でした。

ということは停電が発生し録画機器が停止し、停電が復旧したあとにはその録画機の電源を手動で入れ直してなかったからなのではないかと推測しました。

このようにカメラ、録画機器も遠隔で監視・管理を行っていないと大事な時に欲しい(必要な)映像が取れていないといったことが実際に起きています。

我々が設置したカメラでは、インターネット経由ライブ映像、録画された映像をみれるようにセットアップを行います。
オーナー様は、最初はもの珍しがってよく映像を見ておりましたが、だんだん月日が経つにつれほとんど映像をチェックすることがなくなります。

数か月もすると映像を定期的にチェックしているオーナー様はほとんどおりません。

なので上記のような数年たって問題があった場合に映像を確認しようとしたらそれがなんらかの原因で止まっていてみたい映像が録れてなかったということが起きる可能性は十分にあります。

 


その反面、クラウド録画ならデータセンターにある映像はちゃんと保存されいる保証があり,

常に動作は専用エンジニアがチェックし、止まらないようにしております。


カメラも遠隔からチェックを行い、動作がとまっているのであれば、契約者へ連絡(メール)がいくことにいなっており、なんらかの問題が発生した場合はすぐにわかります。.

また、ご自身のお持ちになっているインターネットに接続できる機器【パソコンやスマホ】からでもいつでもどこからでも確認することができます。


遠隔監視、録画機のメンテナンス、消耗品となる録画機のハードディスクの費用、交換作業費用等を考えると月額費用を払うクラウド録画が断然いいと思います。
設置カメラの台数が多くない場合は、録画機器の費用も抑えられ初期費用が安くなることもクラウド録画を利用するメリットといえましょう!

 


というころがクラウド録画サービスを推進している次第です。

クラウド録画についての詳細は以下のとおりです。

以上よろしくお願いいたします。